ネイルスクールに通ってネイルサロンへの就職率を上げよう

婦人

ネイリストになるなら

ネイル

通学と通信講座の比較

ネイリストは国家資格ではありません。しかし職業として活動する場合、サロンなどでは無資格者を採用する可能性はほどんどありません。そのため、何らかの資格が必要となります。民間の「JINEネイリスト技能検定」や「INAネイルスペシャリスト技能検定試験」、小規模の個人スクールの訓練、さらには人口爪材料メーカーなどが主催する講習会や認定資格などがあります。ここからは、ネイリストになるためのスクール・専門学校をみていきます。学習の形態には、『通学』と『通信講座』があります。クラスによって3ヶ月〜24ヶ月ほどの期間がかかり、費用もそれによって様々です。通学の場合、初心者クラスで15万〜20万円程度で、上級の資格取得を目指すクラスなら、30万〜100万ほどの費用が必要になります。通信講座の場合、5万〜20万円程度と、通学の半額以下はおろか5分の1ですむうえ、通学に必要な入学金も不要です。資格取得のその日まで、自身で「努力・鍛錬する」という強い信念も持つ人にとって、通信講座は大変魅力的です。ただ、「信念を貫き通す自信がない」「途中でだれてしまうかも」と不安な人もいるかもしれません。そんな人には『スクーリング』という制度があります。スクーリングとは、実際にネイルスクールに行って受講できる制度のことです。「無料で何度でも」という所や、「有料で可能」「WEBで可能」という所もあります。心配な人は『スクーリング』に対応した講座を選ぶとよいでしょう。東京にはネイルスクールが多く存在します。東京のネイルスクールに通うメリットはやはり、有名ネイリストに指導を仰げることや、卒業後に有名サロンに就職できるなどのチャンスが多い一方、東京のほうが授業料が高いというデメリットもあります。東京のスクールに通学するか、通信講座を受講するか、ネイルスクール比較サイトなどを利用して、自分に合ったものを選択してください。

将来の夢に向かって

大阪にはいくつか美容学校がありますが手に職を持ちたいと考えている生徒が多く、専門的な分野を学んで資格を取りたい人に人気があります。美容学校では充実した設備を利用できたり、就職のサポートを受けられるといったメリットもあります。夜間課程や通信課程など自分のスタイルにあった勉強方法も選ぶことができます。

レベルや目標に合わせる

名古屋のネイルスクールにはさまざまなコースがありますが、プロを目指し資格を取得する場合は実技だけではなく、爪の知識などの学科も学んでいく必要があります。1日数時間からの体験コースを設けているところもあるので参加してみるのも良いでしょう。

ハイレベルな授業

プロのネイリストになりたい人やネイルに関する事を学びたい人の多くが京都のネイルスクールに通っています。ネイルスクールにはプロ仕様のものを使う事ができるので、すぐにプロとして働く事が可能です。コンテスト等もあり、優秀な作品は多くの人に見てもらえます。

Copyright © 2017 ネイルスクールに通ってネイルサロンへの就職率を上げよう All Rights Reserved.